​断熱性能

【寒くないアップゲー、暑くないアップゲー】

住み心地にもっとも影響するのは、夏涼しく、冬暖かい ということです。特に日本の夏は蒸し暑く、冬は冬で寒さがたまらないですね。夏涼しく、冬暖かい、それだけで、人はずっと家の中で過ごしたくなります。アップルゲート断熱の家はとても住み心地のいい家といえます。

エアコンは1階に1台、2階に1台。しかも入れっぱなしでよいので、楽ちんです。かつ電気代も安くなるということで、申し分ないですね。アメリカでは電気代の40%削減保証をしています。

こうした住み心地にとって一番大事なのは、断熱性です。具体的には断熱材と窓です。

 

断熱材の効果を高めるのは、基本的には厚みですが、均等に厚くなっていることが大事で、施工の際に隙間があったり、薄くなっているところがあると、公表されている数値と全く異なってしまいますアップルゲートは隙間なく、厚みを調整できる断熱材です。

また、壁裏・天井裏・床下は配管・配線などその他様々な物が混在しています。グラスウールなど従来の断熱材では、シートを切り貼りしていくため、どうしても多少の隙間が出来てしまいます(ウレタン吹付けでは隙間ができても外からはわかりません)が、アップルゲートはこれらの隙間を完全に埋める事に成功しました。

 

年数とともに、断熱材が重みで下に下がってしまうと、効果は激減しますが、アップルゲートは断熱吹き付け工法で、セルロースの繊維が絡み合い、自立し、自重沈下しない断熱材です。

 

断熱材によっては、温度によって断熱効果に大きな違いがある場合もあるので、注意が必要です(グラスウールは密度が低いため、中で空気が対流しやすく、外気温に影響されやすいのです)。

 

窓も重要です。結露している窓を見たことがあると思いますが、結露しているようでは失格です。シングルサッシより二重サッシの方がよく、二重サッシより三重サッシの方が断熱性が高くなります。アルミサッシはどうしてもアルミ部分が断熱効果の妨げになります。樹脂サッシや木製サッシの方が断熱性が高いのです。サッシの枠の部分がどうなっているのかも、要チェックです。

パソコンからなら印刷いただけます

調湿性能

【肌荒れない アップゲー】

女性にとって、肌荒れは大敵です。

肌荒れしない家とは調湿機能があって、常に適度な湿度を保つことができる家です。

特に過乾燥は肌の大敵です。冬の過乾燥は火事の元となります。逆に夏に湿度が高いと、蒸し暑いと感じ、不快になります。

 

木や漆喰には湿度調整機能がありますが、天井・壁の中にある断熱材の調湿性も重要です。

自然素材のセルロースは木が呼吸するように湿気を吸放出してくれるのです。

室内の温度とともに、湿度の変化が少ないことが、住み心地に大きな影響を与えるのです。

アップルゲートセルロースはアメリカの新聞紙を原料としていますが、アメリカの新聞紙はバージンパルプでできています。繊維が長く、木の特徴が生きています。

ところが日本の新聞紙は再生紙で、繊維が短いのが特徴です。

日本の新聞紙を使ったテストを行いましたが、アメリカの新聞紙と違って固くなってしまい断熱性能が低下するため、アップルゲートでは使用できないという判断をしました。

室内の温度とともに、湿度の変化が少ないことが、住み心地に大きな影響を与えます。

固くなることで、断熱材に隙間が生じると、その隙間には湿気が集まり、結露の原因となるのです。

これは、グラスウールなど従来の断熱材では顕著です。ウレタン吹付けの場合でも発泡によってふくらみすぎた部分を削ぐ場合、表面のツルツルが無くなって、たくさんの気泡が生じます

 

結露は建材を腐食させ、家を傷める大きな原因となるので、絶対に避けなければなりません。

実際の現場では、バリアとしてのフィルムを貼って、湿気を通さなくする施工がなされることが多くなっていますが、そうすると調湿効果は全くありません

木の繊維であるセルロースには湿気を吸放出する性質があり、アップルゲート セルロース断熱はそのセルロースを隙間なく高密度で施工することができるので、湿気の流動を抑え、結露を防止します。

アップルゲートセルロースは結露しない、肌荒れない断熱材なのです。

パソコンからなら印刷いただけます

防音性能

【うるさくないアップゲー】

アップルゲートの防音機能には驚かされます。

暑さ、寒さ同様に、音の反射というのは住み心地に大きな影響を与える要素です。

 

木造は一般的に防音性が低いのですが、セルロース断熱を使用することで、その欠点を補うことができるのです。

 

そしてセルロース断熱の中でも、アップルゲートセルロース断熱は吸音性のよいセルロースを隙間なく施工することで、非常に優れた防音性能を発揮します。

 

 外周壁・天井・床下の断熱は屋外の騒音を大幅に軽減します。

2階の床と間仕切壁の断熱をすれば、2階の音の軽減やお互いのプライバシーの保護など、生活の質がぐーんと向上します。

他の部屋の音が気にならないので、自分の事に集中することができます。

 

公立中学校の音楽室防音改修工事で壁面全面に使用した施工事例もあります。

 音に関する感覚は極めて主観的で、数値では判断し難いものですが、アップルゲートセルロース断熱は衝撃音の吸収力が優れていることが試験で実証されています。

グラスウールとの差は歴然で、この結果はウレタン吹付けでもほぼ同様です。

パソコンからなら印刷いただけます

社 名     株式会社アップルゲート ジャパン
                 Applegate Japan, Inc.

所在地    〒253-0065  茅ヶ崎市松尾5-24I 

電話番号  0467-81-3012
                 0120-970-405(フリーダイヤル)

FAX      0467-81-3018