PROJECT 03

I'm a paragraph. Click here to edit and add your own text. Is easy! Just click on "Edit Text" or double-click on me and you can add your own content and change fonts. I'm a great place for you to tell your story and let your customers know a little more about you. If you want to delete me, just click on me and then press the Delete key.

【短期的コスト・長期的コスト】

 

短期的コストは建物の大きさによって異なりますが、

壁・天井の施工を行った場合(床は含まず)、一般的にはグラスウールの「アクリア」が20万~30万(ただし、精度の高い施工ではない場合)、

ウレタン吹付けの「アクアフォーム」が40万~60万、

アップルゲートセルロース断熱が60万~90万となっています。

 

 

長期的コストは、

紫外線・熱による経年劣化については、

自然素材であるアップルゲートセルロース断熱がほとんど無いのに対し、工業製品であるグラスウールやウレタン吹付けでは避けることができません。

 

断熱材の自沈による経年劣化はグラスウールでは避けにくいのに対し、アップルゲートセルロース断熱、ウレタン吹付けでは心配ありません。

自沈が生じると、断熱性能が低下し、光熱費にその結果が出ます。

 

火災保険料も重要なポイントです。

毎年毎年ではその差は小さいかもしれませんが、数年で短期的コストのマイナス分を超えてしまいます。

お客様の長い目でみたコストを考える工務店なら、アップルゲートセルロース断熱をおススメするはずです。

アップルゲートセルロース断熱は日本で唯一、火災保険が安くなる断熱材です。

地域によって異なりますが2倍近くから3倍以上まで、その差があるからです。

パソコンからなら印刷いただけます

社 名     株式会社アップルゲート ジャパン
                 Applegate Japan, Inc.

所在地    〒253-0065  茅ヶ崎市松尾5-24I 

電話番号  0467-81-3012
                 0120-970-405(フリーダイヤル)

FAX      0467-81-3018